熱中症

2018.07.11

熱中症

皆さん、こんにちは^^

院長の小島です(*‘∀‘)

 

梅雨明けも早く、連日暑いですね( ;´Д`)

対策として

水分をこまめに取る

・のどが渇いてなくても汗をかいて体内水分量が減ってしまいます。スポーツドリンクなどで

塩分も一緒に摂取できるといいですね。

塩分を程よくとる

・汗と一緒に失われるのが塩分です。取りすぎには注意してください。

睡眠環境を快適にする

・エアコンや扇風機で室温調節と吸水性や通気性の良い寝具を使用することで睡眠環境を

整えるだけでも睡眠中の熱中症予防や翌日の熱中症予防につながります。

丈夫な体作

・バランスの良い食事や睡眠などは身体のバランスを良くして熱中症予防につながります。

上記以外にも治療を行い、自然治癒力を高めていきケガをしない身体を一緒に作りましょう!

スタッフ一同お待ちしております。



院長 小島 和也