クーラー病にご注意~2019/7/11~

2019.07.11

クーラー病にご注意~2019/7/11~

こんにちは^^

院長の小島です!

 

7月に入りましたが、梅雨明けしませんね( ;´Д`)

ジメジメした空気と暑さで冷房を使う人も増えていませんか?

 

そこで注意しなければいけないのが「クーラー病」です!

 

クーラー病とは?

冷房が強く聞いた室内に長時間いて、その後外気温にさらされることを繰り返すことで

起こる体調不良の事をいいます。

人間は5℃以上の急激な気温変化に対処できないため、繰り返すことにより

自律神経失調症と似た症状が出てきます。

 

クーラー病になると・・・

・身体の冷え

・むくみ

・肩こり、腰痛

・頭痛

・吐き気

・全身倦怠感

・下痢、便秘

・不眠など

 

対策として・・・

①冷房の温度を外気温に対して5度以内にする

②冷房を直接皮膚にあてない

③暖かい飲み物などで体を冷やさないようにする

 

また、当院でもカッピング療法や腸もみなど自律神経調節する為の

治療法も多数あります。

これから夏本番に向けて体調を整えましょう!

詳しくはスタッフまで(*^▽^*)

 



院長 小島 和也